都政新報
 
 >  HOME  >  都政新報
都政新報の一覧
 [2021/09/13]  
都福祉保健局/個人情報を市町村と共有/コロナの自宅療養者対応で/先行した神奈川県で効果
祝宴のあと~五輪後の都政(3)/コロナ危機/医療崩壊の教訓生かせるか
新型コロナ/ワクチン供給量、足りる?/国からの供給「10月ストップ」に危機感/都の大規模接種に批判も
生きる支援~コロナ禍での自殺対策(下)/NPOに聞く/行政の支援「子どもの実態とギャップ」/NPO法人あなたのいばしょ理事長 大空幸星氏
多摩地域ごみ実態調査/収集ごみ量が大幅増加/コロナ禍の影響色濃く/コロナ念頭にごみ減量を
新型コロナ/陽性者情報市町村に提供へ/各自治体からは喜びの声
都立高入試/「男女別定員」どう是正/合格ラインが最大243点差
都政発 パラリンピックへ~東京パラリンピアンに聞く(上)/胸を張って、輝いて/5人制(ブラインド)サッカー/都立八王子盲学校教諭 黒田智成さん

 [2021/09/10]  
都議会/コロナ特別委で初の論戦/LINEで医師往診「横展開」
祝宴のあと~五輪後の都政(2)/政策の柱/環境とDXは看板になるか
バトンをつなぐ~東京大会レガシーへ(1)
生きる支援~コロナ禍での自殺対策(中)/子ども・若者支援/コロナ禍でどう救えるか
「犬猿」でも意外な共通点?/菅首相と小池知事/官僚統制、報道対応、公文書…
都主税局/納税猶予利用は1・4万件/未納分返済進むが滞納も/不能欠損の回避を
都五輪準備局/パラ選手発掘事業継続へ/障害への理解浸透に期待
主張/公用文のニューノーマル!?/自治体から始めよう/(株)ことのは本舗代表取締役 小田順子

 [2021/09/06]  
祝宴のあと~五輪後の都政(1)/清算と解散/政治判断遅れ負担ずしり
新型コロナ/在宅医療の現場、綱渡り/酸素濃縮器足りず自転車操業◆
2020年度特別区決算/経常収支比率80%台に悪化/景気より税制改正の影響大きく/不透明な中での財政運営
生きる支援~コロナ禍での自殺対策(上)/支援の継続/不要不急でない心の支援
新型コロナ/工賃、感染予防理解…課題山積/福祉作業所にも影響
効 20年度市町村決算/経常収支比率減も「見かけ良化」/コロナで歳入ともに歳出増/持続可能な財政基盤を
職員の声/東京大会閉幕/「後始末」に戦々恐々/一方的な財政負担警戒
酪農家に転身して10年/都庁での経験と自信を生かし/千葉県南房総市・酪農家 三浦直登

 [2021/09/03]  
都の酸素ステーション/需要少なく稼働率低調/医療人材の確保も難航
視点/コロナ禍の協力要請/現場で発揮しにくい強制力
コロナ禍の保健所/ドキュメンタリー映画監督に聞く/「現場の声、多くの人に伝えたい」
パラ学校連携観戦/検査など感染対策徹底/中止した区では代替事業も
東京パラリンピック/求められる「体験の場」/来場制限もイベント好評
都本庁テレワーク/民間要請の「7割」下回る/2カ月連続、五輪影響か
視点/パラリンピック/都内全自治体でレガシーを
アートとサイエンスの融合/東京大学先端科学技術研究センター 先端教育アウトリーチラボ特任専門員 森晶子/最高学府での新たな挑戦

 [2021/08/30]  
都ワクチン接種/若者向け会場で長蛇の列/「実質予約制」困惑の声
東京パラリンピック/密に配慮、悩ましい機運醸成/臨海部の盛り上げ拠点を歩く
足立・江戸川区/障害者スポーツ支援強化中!/コンシェルジュの相談機能拡充
葛飾区/区児相整備で区議が提訴/土地の借地契約「不可解」
稲城市/都内初自治体新電力設立へ/エネルギーの地産地消目指す/確実な電力確保を
多摩市/コロナ転院受け入れ病院に協力金/市長「都全体で総力戦を」
都コロナ協力金/先払い方式実施せず/「後払いに一本化へ」の声も
京厳論(7)/プラスに結びつける戦略はなかったのか/地方自治ジャーナリスト 葉上太郎/五輪選手の「発信」


<-前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ... 216 次へ-> 

会社概要  会社沿革  事業内容  案内図  広告案内  個人情報保護方針