都政新報
 >  HOME  >  都政新報
都政新報の一覧
 [2011/07/01]  
震災がれき処理 秋から本格化/都内清掃工場で焼却/埋め立て地で受け入れも/環境整備公社被災地に現場事務所/放射性物質の監視求める声も
汚泥資源化、早期再開の考え/下水道局セメント会社と協議
非常事態!23区節電対策/契約電力/定額制節電しても料金同一/従量制200万円超の削減も
江戸川清掃工場/国基準を超えるセシウム検出/焼却灰の処理基準を要請
学校発!研究・現場/江東区立越中島小学校/一人ひとりが輝く学校/エコスペースが感性育む
NIEの輪広がる 学校に街に1/プロローグ    /たくさんの〝なぜ〟が夢と希望へ
都庁舎の節電対策/25%削減目標を達成中/電力使用状況の見える化も
練馬区/係長職選考で一工夫/勤務評定をもとに「推薦」/育児・介護「3年待機可」

  [2011/06/28]  
東日本大震災踏まえ論戦/都議会代表・一般質問/帰宅難民対策 来年1月に訓練/石原知事「原発廃止は無責任」
放射性物質拡散/子供への対策が焦点に/給食、土壌…難問は山積/葛飾・港区議会が請願採択/対応に苦慮する現場
空き家対策/子育て世代住宅を検討北 区/所有者に補助金交付も足立区
本予算を再び否決/東久留米市議会/7月に暫定予算提案へ
ごみ処理施設の電力制限/15%削減にあの手この手/発電設備施設は電力供給増も
都の採用広報も〝後ろ倒し〟/経団連の倫理憲章改定で/12月1日開始で足並み
11年度区管理職選考の申込状況/1035人が申し込み/申込者数、今年も減少
都政の潮流/都庁版サマータイムをぶっ飛ばせ!!/~この国を覆う「節電」という名の空気

 [2011/06/24]  
社説/4期目の石原都政/構造改革の気概 もう一度
2020年五輪招致計画/国立競技場に聖火ともるか/敷地内では厳しい8万人規模/建築規制もネックに/JOC、立候補要請で行脚
築地市場移転に「待った」/地下鉄延伸で前進回答求める/江東区議会
東京最前線/民主党早晩、消えてなくなる運命?/無責任体質根底に所属議員の帰属意識の薄さ
東京最前線/時論政論/都庁舎の節電は美徳なのか
変わる出張所/機能見直しで各区模索/地域ニーズや課題把握へ
区団体交渉/一時金1・825月の支給/自律的労使関係「統一交渉のあり方を検討」
都管試ラストスパート 合格体験記 「論文対策は多くのレジュメを」A事務/「勉強は早起きして集中的に」B技術

  [2011/06/21]  
第2回都議会定例会が開会 石原知事が所信表明
新銀行東京・寺井社長に聞く(下)/銀行の規模当面は小所帯を堅持
各区の防災体制/児童保護で見直し広がる
非常事態!23区節電対策/各区とも2~3割の減に/4月の実績「夏とは単純比較できず」
節電で日曜出勤 休日保育への対応は/人手の確保、料金などで課題/「検討中」も多数の市で
検討進む公契約条例/多摩市や国分寺市などでも/野田市長「時代の要請にマッチ」
監査結果に基づく措置/新たに113件で改善/全都立高校に図書館管理システム/包括外部監査の措置状況も公表
提言/自治体の原発政策に望む

  [2011/06/17]  
新銀行東京・寺井社長に聞く(上)/決算の評価 再建計画は順調/新勘定は3年間で約740億円/次期中期計画貸出、ウエート高める
都が放射線量測定開始/健康安全研究センター1週間で都内100カ所/校庭の利用判断で/安全基準値策定を/都が緊急要望
非常事態!23区節電対策/出先施設/サービス維持か、制限か/目黒区午後の業務を中止に/区民集め、家庭の節電へ荒川区
高橋俊明・都教育庁人事部主任管理主事に聞く/応援が心の支えに/皆の努力で学校再開へ
東京都無電柱化事業特集/電線地中化事業への関心/大震災で課題浮き彫りに/川井 高度防災都市づくりへ/八木 地中化で被災率が低下/大橋 防災など効用の周知を/
民間給与実態調査/2カ月弱遅れ、24日から実施/人事院勧告ずれ込む見通し/都勧告作業や労使交渉に影響も
君が代起立命令/最高裁が三たび合憲/1裁判官は反対意見
世界自然遺産決定を待つ/小笠原村総務課企画政策室 柴垣佳久


<-前へ 1 ... 146 147 148 149 150 151 152 153 154 155 ... 164 次へ-> 

会社概要  会社沿革  事業内容  案内図  広告案内  個人情報保護方針