都政新報
 >  HOME  >  都政新報
都政新報の一覧
 [2011/07/29]  
猪瀬副知事に聞く/自助・共助の災後社会へ
液状化対策で指針策定へ/震災で民間住宅に被害/検討委が初会合建築審査時に指導も
就学前教育/独自カリキュラム本格化へ/足立区「5歳児プログラム」/台東区「3~5歳児を検討」/「都版」活用の動きも
非常事態!23区節電対策/電力逼迫時の対応/10区で本庁舎の節電策未定/まだ議論のない区も
全都で道徳授業地区公開講座展開中/文京区立第八中学校/手作り教材で道徳的実践力
都部課長級異動/過去最小規模の525人/総務部長/総務局は2Aから山手氏/知事本局は7Bの雑賀氏
必要な分野にマンパワー/都組織・定数方針着実に職員定数削減を
達人の散歩道 わが町ウオーキング/アメリカ文化が香る街・福生市/生活環境部シティセールス推進課長 川野治男

 [2011/07/26]  
追跡/放射能汚染 東日本に拡散/国はようやく実態把握へ/後手に回る拡散阻止
3回以上拒否 4000件超える/重症患者の救急搬送で
電気予報危険水域の判断に差異/レベル2では「周知せず」も/二重予報で混乱懸念
港区/基本計画の見直しで/区民グループが提言/絶対高さ制限の導入など
暫定補正予算を可決/歳出は予算規模の7割超に/東久留米市議会
庁内の声/「復興五輪」の受け止めは?/強圧的な指示には嫌気/国民一体の可能性も
親子三代で楽しんで―/「東京の交通100年博」/江戸東京博物館で開催中

 [2011/07/22]  
100万キロワット級の天然ガス発電所/東京湾に整備で検討へ
「立場を超え、知恵出し合って」/石原都政4期目 新体制で初庁議
23区停電対策/自家発電 供給は十分?/燃料確保が共通課題/BCPの見直しも
江東区議会/新市場移転を了承/地下鉄延伸、都が「最大限努力」
東京最前線/衆院「脱原発解散」なら/東京選挙区はどうなる/東国原、松沢両前知事が注目区に殴り込み?
都管理職選考 2カ月遅れで筆記考査/受験率は83・9%に微減/種別A89・1%の高水準
八ッ場ダム再検証/建設する治水対策案を提示/毎秒1820立方メートルの効果/次回の幹事会に工事中止の代替案/アリバイ先行に危惧
区政の潮流/特別区だからこその被災地・被災者支援を

  [2011/07/19]  
2020年五輪招致/東京が正式に立候補/「復興五輪」に国民の共感は?
再生可能エネルギー法案/脱・原発のつなぎ 想定せず/急ぐ菅首相 中身は手薄/波力は買い取りの対象外
日大、光が丘病院から撤退/練馬区「契約違反の行為」/保証金50億円の扱いは?
自治体がつぶやく時 情報手段としてのツイッター(下)/導入進むも運用は手探り
学校のエアコン整備/国庫補助なしで対応に苦慮/府中市全校で稼働へ/国分寺市年度内見送り
市町村の現在未来 自治調査会10年度調査報告1/図書館のあり方/交流の場としての施設へ/生物多様性/策定進まぬ「地域戦略」
特区連が人事委要請/民間給与実態調査に遅れ/労使交渉期間の確保求める
特別区を担う―「昇任意識調査」を受けて2/上司の視点を持つ/時には反面教師にしながら

  [2011/07/15]  
セシウム汚染牛/流通経路 都が特定/福島県検査すり抜け/測定体制、不安視する声も
都と国の協議会/国が品川駅周辺基盤整備を支援/八ッ場再検証都が早期結論を要望
自治体がつぶやく時 情報手段としてのツイッター 上/「導入」「前向き検討」が18区
牛肉からセシウム検出/世田谷・北区が給食で使用中止
東大地震研広報アウトリーチ室 桑原央治さんに聞く/自ら判断できる子供に/自然観を踏まえた防災教育
特別区を担う―「昇任意識調査」を受けて1/受験しない理由/職責への不安の声高く
都キャリア活用採用/1105人が申し込み/全体の倍率は14倍に
パンダフィーバー 日本を元気に!/恩賜上野動物園副園長 田畑直樹


<-前へ 1 ... 141 142 143 144 145 146 147 148 149 150 ... 161 次へ-> 

会社概要  会社沿革  事業内容  案内図  広告案内  個人情報保護方針