都政新報
 >  HOME  >  都政新報 記事詳細
今週の都政新報
 

視点/村山特別秘書のインパクト/「専用車復活」から見る都政

 都は一部廃止した幹部向け専用車を巡り、4月の病院経営本部長、中央卸売市場長に続き、5月27日から知事特別秘書にも再配置した。いずれも昨年4月に通信技術の進歩や連絡態勢の確保に問題がないなどを理由に、専用車を廃止して複数幹部共通の共用車などで対応していた。
 この2局長と特別秘書の専用車が復活した2カ月弱のタイムラグは何を意味するのか。答えは一つ。元副知事の村山寛司氏が5月22日付で特別秘書(政策担当)に就任したからだ。都財務局も特別秘書の専用車再配置に関し、「村山氏の特別秘書就任が発表された4月26日の知事会見を受けて検討を始めた」と述べる。
 ◆都政新報・電子版(http://www.tosei-d.com/にご登録(有料)することで全文をお読みいただけます。Facebookページ(http://www.facebook.com/denshiban.toseishimpo「ちょこっとタダ読み」で記事の一部をお読みいただけます。

会社概要  会社沿革  事業内容  案内図  広告案内  個人情報保護方針