都政新報
 >  HOME  >  都政新報 記事詳細
今週の都政新報
 

ゴールドラッシュ~23区の2019年度予算案(2)/ふるさと納税・特別区民税/規制強化も減収拡大へ

  ふるさと納税による2019年度分の住民税の減収額は全区で伸び、前年度比29・8%増の総額約405億円となる見通しだ。23区で人口が最多の世田谷区では来年度のふるさと納税による住民税の控除額を前年度比32・5%増の53億円と見積もる。保坂展人区長は2月1日の記者会見で、「ふるさと納税制度の見直しを直前にした駆け込み需要の影響を踏まえた」と説明し、「法人住民税の一部国税化や地方消費税の清算基準の見直しも含めれば(影響額は)110億円の大きなマイナスとなり、看過できない状況」と厳しい表情を見せた。
 ◆都政新報・電子版(http://www.tosei-d.com/にご登録(有料)することで全文をお読みいただけます。Facebookページ(http://www.facebook.com/denshiban.toseishimpo「ちょこっとタダ読み」で記事の一部をお読みいただけます。

会社概要  会社沿革  事業内容  案内図  広告案内  個人情報保護方針