都政新報
 >  HOME  >  都政新報 記事詳細
今週の都政新報
 

都都計審/拠点増やし個性強める都市に/土地利用「量から質へ」

  都が住居や都市機能について量から質を重視したまちづくりにかじを切った。都都市計画審議会が6日に都に答申した東京の土地利用に関する基本方針で、現在は職住近接などを目的に推進している量的な都心居住策を、高齢化への対応など質の向上に転換すると明示。一定の条件で容積率を緩和する各拠点も改め、国際ビジネスや医療、高齢・子育て支援など、地域特性に応じた機能の導入を条件に緩和し、地域ごとの個性を伸ばす方針を打ち出した。
都政新報・電子版(http://www.tosei-d.com/にご登録(有料)することで全文をお読みいただけます。Facebookページ(http://www.facebook.com/denshiban.toseishimpo「ちょこっとタダ読み」で記事の一部をお読みいただけます。

会社概要  会社沿革  事業内容  案内図  広告案内  個人情報保護方針