都政新報
 >  HOME  >  都政新報 記事詳細
今週の都政新報
 

東京のりもの散歩~いちょうマークの車窓から(11)/都電と人魚が共存する場所/交通局巣鴨自動車営業所/二坂英之(絵と文)

 先日、北区飛鳥山博物館の秋期企画展『都電の記憶』に足を運んだ。王子出身の元フリーカメラマン西山英明氏による、北区ゆかりの路線にまつわる80点の写真は圧巻で、車掌がいた頃の都電を知らない私でも、当時の雰囲気を体感することができた。展示は既に終了しているが、このような貴重な企画展には機会があればまた行きたい。
 博物館を出て少し歩くと、広々とした空間にたどり着く。城のような形の遊具が象徴的な児童エリアである。ここには都電の車両が展示されている。1949年に製造され、当時の青山、大久保、駒込の車庫を経て荒川車庫に配属され、78年まで運行していた6080号車である。
 ◆都政新報・電子版(http://www.tosei-d.com/にご登録(有料)することで全文をお読みいただけます。Facebookページ(http://www.facebook.com/denshiban.toseishimpo「ちょこっとタダ読み」で記事の一部をお読みいただけます。

会社概要  会社沿革  事業内容  案内図  広告案内  個人情報保護方針