都政新報
 >  HOME  >  都政新報 記事詳細
今週の都政新報
 

渋谷区/システム経費厳しく査定/担当課長設置し、業務改善

 2019年1月の新庁舎移転に併せ、事務処理のICT化や執務環境の改善などの「ワークスタイル改革」を掲げる渋谷区。業務改善による年間10億円規模の歳出削減効果を目指す中、実現に向けて中核的な役割を担うのが16年度に民間から登用した松本敏生システム開発担当課長(49)だ。ICTインフラの導入・改修の検討にとどまらず、区の事務処理全般の業務改善や人材育成も担当し、「税を扱う自治体こそ品質・コスト・納期をしっかり意識する必要がある」と強調する。

 都政新報・電子版(http://www.tosei-d.com/にご登録(有料)することで全文をお読みいただけます。Facebookページ(http://www.facebook.com/denshiban.toseishimpo「ちょこっとタダ読み」で記事の一部をお読みいただけます。

会社概要  会社沿革  事業内容  案内図  広告案内  個人情報保護方針