都政新報
 >  HOME  >  都政新報 記事詳細
今週の都政新報
 

都知事選/都政の課題 ようやく争点に/子育て 介護 アイデア競う

 都知事選は9日に投票日を迎え、即日開票される。立候補しているのは、元日弁連会長の宇都宮健児氏(67)、元航空幕僚長の田母神俊雄氏(65)、元厚生労働大臣の舛添要一氏(65)、元内閣総理大臣の細川護熙氏(76)など16人。当初は「脱原発」が争点となるかどうかが議論になったが、選挙戦の最終盤に入り、待機児童ゼロや東京五輪などの都政の重要施策でアイデアを競っている。一方で、有力候補のリップサービスは熱を帯びており、応援に駆け付けた区議らが「大盤振る舞いだ」と苦笑する場面もあった。


 都政新報・電子版(http://www.tosei-d.com/にご登録することで全文をお読みいただけます。Facebookページ(http://www.facebook.com/denshiban.toseishimpo「ちょこっとタダ読み」で記事の一部をお読みいただけます。

会社概要  会社沿革  事業内容  案内図  広告案内  個人情報保護方針