都政新報
 >  HOME  >  都政新報 記事詳細
今週の都政新報
 

日の出町と循環組合/セシウム焼却灰で協定/8千ベクレル以下は再利用

 多摩地域のごみ焼却施設17カ所と都環境局は、17日までに主灰や飛灰などに含まれる放射性セシウムの濃度測定結果を公表した。これを受け、日の出町と東京たま広域資源循環組合は19日、エコセメント化施設で受け入れる焼却灰の放射性セシウム濃度を1キログラム当たり8千ベクレル以下にするなどの特別協定を締結した。循環組合は、「8千ベクレル以下であれば、製品段階で問題はない」としている。

「都政新報・電子版」(http://www.tosei-d.com/)にご登録頂くと全文をお読み頂けます。





会社概要  会社沿革  事業内容  案内図  広告案内  個人情報保護方針