都政新報
 >  HOME  >  都政新報 記事詳細
今週の都政新報
 

アニマルハウスは現在進行形/松濤美術館が「謎の館」に

  渋谷区立松濤美術館で7日から、企画展『三沢厚彦アニマルハウス 謎の館』が始まった。三沢厚彦は現代日本を代表する彫刻家の一人で、その作品は、のみと彫刻刀を使ってクスノキの丸太から彫り出され、油絵の具で彩色された実物大の動物たち「ANIMALS」。今回は「謎の館」の主人である三沢が親交の深い彫刻家の舟越桂、画家の小林正人と杉戸洋、写真家の浅田政志を「客人」として招き入れるという独特の世界を展開している。同展は11月26日まで。

 元々、松濤美術館は、公立美術館にありがちな真っ白な四角い空間が広がる無機質な箱とは異なる独特な建築物である。
 都政新報・電子版(http://www.tosei-d.com/にご登録(有料)することで全文をお読みいただけます。Facebookページ(http://www.facebook.com/denshiban.toseishimpo「ちょこっとタダ読み」で記事の一部をお読みいただけます。

会社概要  会社沿革  事業内容  案内図  広告案内  個人情報保護方針