都政新報
 >  HOME  >  都政新報 記事詳細
今週の都政新報
 

都議会4定開会/「偏在是正」への反対強調/知事、国に「賢明な判断を」

  第4回定例都議会が4日に開会した。小池知事は所信表明で国が進める税の偏在是正措置を「日本の将来を踏まえ、国には賢明なる判断をいただきたい」と改めて牽制(けんせい)した。与党の税制調査会の議論が大詰めを迎える中、都として最後まで主張を貫き通す姿勢を鮮明に示した。ただ、同問題の解決の糸口を見いだすのは難しい状況で、都が「一人負け」する公算が大きくなっている。
 「東京と日本の成長を止めてはならない」。知事は所信表明で二度こう述べ、都の主張を強調した。所信表明では、偏在是正関連に全体の約4分の1を割いた。従来の見解と同様に、「真に地方創生を目指すのであれば、東京を含む地方が、地方自治の力で地域を活性化できるよう地方税財政制度を抜本的に改革し、地方の権限と財源の拡充を図るべき」などと述べた。
 ◆都政新報・電子版(http://www.tosei-d.com/にご登録(有料)することで全文をお読みいただけます。Facebookページ(http://www.facebook.com/denshiban.toseishimpo「ちょこっとタダ読み」で記事の一部をお読みいただけます。

会社概要  会社沿革  事業内容  案内図  広告案内  個人情報保護方針