都政新報
 >  HOME  >  都政新報 記事詳細
今週の都政新報
 

特別区労使に聞く2018年度確定交渉

 人勧を受けた区の確定交渉が本格化している。今年度の勧告は、特別給を0・1月引き上げとしたが、月例給は過去最大の9671円(2・46%)の引き下げとなり、組合側は猛反発。勧告を実施しないよう求める事態となっている。今確定交渉ではまた、会計年度任用職員制度の導入や年齢による昇給の抑制の見直しなども論点だ。副区長会の鈴木勝会長(目黒区)と特区連の吉川貴夫委員長、清掃労組の染裕之委員長に、勧告の受け止めと交渉の見通しを聞いた。
都政新報・電子版(http://www.tosei-d.com/にご登録(有料)することで全文をお読みいただけます。Facebookページ(http://www.facebook.com/denshiban.toseishimpo「ちょこっとタダ読み」で記事の一部をお読みいただけます。



会社概要  会社沿革  事業内容  案内図  広告案内  個人情報保護方針