都政新報
 >  HOME  >  都政新報 記事詳細
今週の都政新報
 

インタビュー/「道徳」を主体的で深い学びの試金石に/星槎大学教職大学院教授 寺脇研さん

 師匠と慕う故・河合隼雄氏の下で文化庁文化部長に就き、河合氏から「いろいろなことをやったほうがいい」と言われたという寺脇氏。2006年に文部科学省を退職後は一層、教育に関することだけでなく映画や落語の評論、コメンテーターなど八面六臂(はちめんろっぴ)の活躍を続けている。
 今月末には、『危ない「道徳教科書」』(宝島社)を出版する。「学校だけでなく親も社会も、道徳の教科化に無関心でいたら恐ろしいことになる」と警鐘を鳴らし、処方箋(せん)を示すという。
 都政新報・電子版(
http://www.tosei-d.com/にご登録(有料)することで全文をお読みいただけます。Facebookページ(http://www.facebook.com/denshiban.toseishimpo「ちょこっとタダ読み」で記事の一部をお読みいただけます。



会社概要  会社沿革  事業内容  案内図  広告案内  個人情報保護方針