都政新報
 >  HOME  >  都政新報 記事詳細
今週の都政新報
 

問われる武蔵野市政の明日~市長選・発展か転換か(上)/2陣営が火花/都民ファ、候補擁立に苦戦

  9月24日告示、10月1日投開票の武蔵野市長選は、現職の邑上市政の「継承・発展」をうたう松下玲子氏(46)と、「改革・立て直し」を掲げる高野恒一郎氏(45)が出馬を表明している。同市は自民の土屋正忠氏と民進の菅直人氏の地盤で「土菅戦争」の舞台ともなってきた。そこに小池知事の事実上の新党である都民ファーストの会の台頭が波乱を起こそうとしている。市政の課題と選挙の争点を上下回で追う。
 「武蔵野市長選挙への出馬は見送る」─。武蔵野市議の深田貴美子氏は7日、自身のSNSサイトでそう表明した。同氏は先の都議選で都民ファーストの会の候補を積極的に応援し、「武蔵野大改革」を掲げて今回の市長選にも意欲を見せており、都民ファ支援候補として最有力視されていた。既に都民ファには出馬辞退の断りを入れたという。
 深田氏によれば、
都政新報・電子版(http://www.tosei-d.com/にご登録(有料)することで全文をお読みいただけます。Facebookページ(http://www.facebook.com/denshiban.toseishimpo「ちょこっとタダ読み」で記事の一部をお読みいただけます。

会社概要  会社沿革  事業内容  案内図  広告案内  個人情報保護方針