都政新報
 >  HOME  >  都政新報 記事詳細
今週の都政新報
 

渋谷区/LGBTもクールビズ/「ドレスコード」に一石

 渋谷区は1日、服飾セレクトショップ大手の「ビームス」と連携し、デザイン性と機能性を両立するクールビズのコーディネート発表会を開いた。長谷部健区長の肝煎りで2015年度に始まったプロジェクトで、3回目の発表会となった今回は、初めてLGBTなどの性的少数者のうち、体と心の性が一致しない性自認に悩みを抱える人(トランスセクシュアル)もデザイン性を楽しめるクールビズスタイルを提案。「あるべき性」が反映されがちな「ドレスコード」に問題を投げ掛けた形だ。
 「トランスセクシュアルは、心の性と異なる服装にストレスを感じており、社会が要請するドレスコードに問題提起したかった」─区男女平等・ダイバーシティ推進担当の永田龍太郎課長は力を込めて語った。自身もLGBT当事者として区の男女共同参画施策の旗振り役を務めており、クールビズをきっかけに課題を投げ掛けた形だ。 
 都政新報・電子版(http://www.tosei-d.com/にご登録(有料)することで全文をお読みいただけます。Facebookページ(http://www.facebook.com/denshiban.toseishimpo「ちょこっとタダ読み」で記事の一部をお読みいただけます。

会社概要  会社沿革  事業内容  案内図  広告案内  個人情報保護方針